ダイちゃんダイちゃん

健康ダイエットマニアのダイちゃんです!

 

糖質制限って、

食材だけじゃなくて、

実は調味料も大事なんですよ~。

 

それもかなり^^;

 

調味料に含まれる、

糖質って、

意外とバカにならないんです。

 

たとえば、

砂糖を使った料理だと、

食材自体の糖質が少なくても、

食べる糖質量は増えちゃいますよね?

 

これが糖質制限で、

「ダイエットできない原因」

なんて言われてるんです。

 

 

知らず知らずのうちに、

糖質の多い調味料を、

使ってしまってるってこと。

 

ダイちゃんも、

糖質制限をはじめた時は、

まず使う調味料を、

一度見直しましたからね。

 

とはいうものの、

意外な調味料がOKで、

意外な調味料がNG、

だったりするんですよ^^;

 

そこで今回は、

糖質制限ダイエットに、

OKな調味料を、

まとめてみました!

 

糖質制限ダイエットに、

ぜひ活用してくださいね^^

 

糖質制限ダイエットで使える調味料はこれ!

 

今回は糖質制限に、

使ってOKな調味料を、

たくさんまとめてみました!

 

100gあたりの糖質量と、

大さじ1杯あたりの糖質量も、

合わせて載せておきますので、

ぜひ参考にしてください。

 

ではいってみましょう。

 

醤油

 

100gあたり・・・10.1g

大さじ1杯・・・1.8g

 

糖質制限の強い味方です。

 

大さじ1杯あたり1.8gと、

糖質量はかなり控えめ。

 

ちなみにこの数値は、

「こいくち醤油」なので、

もっと糖質量を下げたい場合は、

「うすくち醤油」を使いましょう。

 

うすくち醤油は、

100gあたり7.8g、

大さじ1杯で1.4gと、

こいくち醤油よりも、

糖質量は少ないです。

 

ただ塩分が多いので、

かけすぎるのは禁物^^;

 

 

かけるよりも、

「つける」を意識すると、

余分な塩分はカットできます。

 

そして醤油自体は、

発酵食品なので、

アミノ酸がとっても豊富。

 

アミノ酸は、

からだに役立つ成分なので、

積極的に摂りたいもの。

 

もちろん、

スーパーで売ってるものでもイイんですが、

ちょっとイイ醤油を料理に使うと、

普段よりも美味しくなりますよ^^

 

あと醤油をベースに、

他の調味料と合わせれば、

味に飽きる心配もナシ。

 

まずは基本として、

糖質制限に、

「醤油は使えること」

を覚えておいてください。

 

料理酒

100gあたり・・・16.6g

大さじ1杯・・・2.5g

原材料が米なので、

使いすぎは禁物なのが料理酒。

 

でもこれがあるのと無いのでは、

料理のバリエーションが、

大きく増減するので、

あえて使える調味料に入れました^^

 

料理酒って種類がたくさんあって、

なかには安くて糖質が添加されているものも。

 

そういった物を選んでしまうと、

知らず知らずのうちに、

糖質量が増えてしまいます。

 

なので料理酒を買う時に、

原材料や栄養表示を、

しっかり確認してくださいね。

 

 

最近は糖質0の料理酒も多いので、

そういった物をチョイスするのがオススメ。

 

料理酒を、

塩をかけた肉や魚にふりかけて、

蒸したものを、

醤油に柑橘類の果汁を加えたもので食べると、

安いもの肉や魚でも、

とっても美味になりますよ~。

 

100gあたり・・・0.0g

大さじ1杯・・・0.0g

 

糖質制限だけでなく、

人が食べるものに、

絶対に欠かせないのが塩。

 

糖質量はなんとゼロ!

 

 

いくら使っても糖質は摂れません(笑)

 

味付けの基本中の基本で、

塩の質と量で味の善し悪しは決まります。

 

塩はたっくさんの種類がありますよね?

 

どれを選べばいいんだろう?

と今までに思ったことのある、

そこのあなた!

 

正解は「ミネラルの多い塩」です。

 

ミネラルって、

結構意識しないと摂れないんですよ。

 

糖質制限やってる人は、

経験したことがあるかもしれませんけど、

糖質制限はじめて少しすると、

足がつりやすくなったりします。

 

 

これって、

ミネラル不足からくるものなんで、

カルシウムやマグネシウムといった、

ミネラルを摂ることで防げます。

 

料理に使う塩に、

ミネラルが豊富な方が、

あまり意識しなくても、

自然とミネラル補給できちゃいます。

 

なので、

食卓塩などの精製塩ではなく、

ミネラルが豊富な、

岩塩や自然塩をオススメします。

 

ダイちゃんがよく使ってたのは、

以下の塩。

 

この塩は普通の塩に比べて、

塩分は25%低く、

ミネラルが超豊富です。

 

深いコクがあって、

独特の「うま味」があるので、

どんな料理にも非常にマッチ。

 

お水に溶かして飲むと、

スポーツドリンクのような、

けっこう不思議な味になりますよ。

 

スポーツドリンクほどの、

甘みは無いんですけど、

なぜかほんのり甘くて、

かなり飲みやすいお水になるので、

ダイちゃんは夏場によく飲んでました。

 

 

ちなみに今話題の、

炭酸水に入れるのも超オススメ!

 

それにレモンやライムなどの、

柑橘の汁を加えると、

もう風呂上がりに最高のドリンクになりますよ^^

 

ちょっと話が脱線しましたけど、

塩は糖質制限に欠かせない調味料。

 

選ぶ際は、

ミネラルの多い塩を選んでくださいね。

 

マヨネーズ

100gあたり・・・3.0g

大さじ1杯・・・0.4g

 

糖質制限最強の味方です^^

 

ダイちゃんに質問してくる人に、

「マヨネーズOK」って言うと、

「糖質制限やる!」ってなるぐらい^^;

 

糖質量はかなり少なく、

脂質が豊富なので満足感も高め。

 

マヨネーズに、

別の調味料を加えれば、

味に変化がつけやすいので、

飽きる心配もナシ。

 

醤油を加えれば醤油マヨ、

カレー粉とか山椒とか、

スパイスなんかも相性イイですね。

 

市販のものでも全然OKですけど、

美味しいマヨネーズが食べたかったら、

自分で作っちゃうのもアリ^^

 

 

作り方はカンタン

 

① 卵黃2コに塩小さじ1杯入れ混ぜる

② そこにお酢を大さじ2杯入れ混ぜる

③ サラダ油200ccをすこーしずつ混ぜながら入れる

④ クリームっぽくなったら完成!

 

ちょっと贅沢なんですけど、

イイ卵、イイ塩、イイお酢、イイ油で、

マヨネーズを作ると、

すんごい美味しいマヨネーズできます。

 

ゆで卵につけて食べればもう絶品です^^

 

ぜひ自作でマヨネーズ作ってみてください。

 

お酢

100gあたり・・・11.2g

大さじ1杯・・・1.2g

 

お酢もかなりの種類があるので、

今回の数値は「米酢」で載せました。

 

米酢自体は、

糖質が低いというほどでもないので、

もっと下げたい場合は、

りんご酢や穀物酢にすればOK。

 

めちゃめちゃ糖質量が、

少ないわけでもないので、

使いすぎは禁物ですけど、

使えないとなると、

ちょっとさみしいのがお酢。

 

お酢には、

「糖質の吸収をゆるやかにしてくれる」

という効能があるので、

血糖値が急激に上がるのを防ぐ効果も。

 

お酢といえば、

「ポン酢」が想像できますけど、

米酢よりも糖質が多いので、

多量に摂るのは注意が必要。

 

 

そういう場合は、

「かけて食べる」よりも、

「つけて食べる」ことで、

摂取量を抑えるようにしましょう。

 

バター

100gあたり・・・0.2g

大さじ1杯・・・0.1g

 

極めて糖質量が少なく、

良質な脂質が豊富なのがバター。

 

ダイちゃんは、

糖質制限をしている時、

バターのおかげで続けることができた、

といっても過言ではありません^^

 

溶かしてコーヒーに入れる

卵を焼く時に使う

スープや味噌汁に入れる

醤油と合わせて調味料として使う

溶かしてプロテインに混ぜて飲む

 

用途はかなり多かったですね。

 

バターを食べると、

満足感が一気に得られるので、

食事のあと、

なんか物足りないと感じた時には、

バターを食べたりしたもんです^^;

 

バター自体、

かなり用途が多いので、

調味料として使用するには、

かなりオススメです。

 

 

醤油とバターで、

卵、肉、魚を食べると、

タンパク質と脂質という、

必要なエネルギーがしっかり摂れちゃいます。

 

糖質制限には、

バターを活用することを強くオススメします。

 

脂質の重要性は、

以下の記事も参考に^^

 

生クリームは糖質制限ダイエットに最適!オススメ簡単レシピも公開

ラード

100gあたり・・・0.0g

大さじ1杯・・・0.0g

 

ラードの糖質量はなんとゼロ^^

 

つまり、

いくら摂っても糖質の心配は無いので安心。

 

ダイちゃん的には、

バターがオススメなんですけど

バターが苦手って人は、

栄養価は落ちますが、

ラードで代用可。

 

スープや味噌汁に加えたり、

炒め油には最適です。

 

 

ダイちゃんは、

今日は脂質が足りないなって時に、

ラード使ってました。

 

メリットとしては、

バターよりも安いってこと。

 

バターって意外と高いんで、

継続して使うには、

コスト面で厳しいときがあるんですよね~^^;

 

そんな時は、

ラードを使うと安上がり^^

 

普段使っている油の代わりに、

ラードをぜひ使ってみてください。

 

味噌類

100gあたり・・・17.0g

大さじ1杯・・・3.1g

 

味噌の糖質量は、

種類にもよりますが、

だいたいこのぐらい。

 

味噌は、

赤味噌や白味噌など、

たっくさんの種類があるので、

使っている味噌の、

糖質量を一度確認してみてください。

 

特に白味噌は要注意^^;

 

100gあたりで、

30g~40g以上の糖質があるので、

糖質制限では使わない方がイイです。

 

赤味噌は、

通常の味噌とよく似た糖質量なので、

使いすぎなければOK。

 

ちなみに、

日本人にヒジョーに馴染みのある、

味噌汁1杯分の糖質量は、

味噌大さじ1杯とほぼ同じの3.1g。

 

 

なので3杯も4杯も飲まなければ、

糖質量の心配はしなくていいです^^

 

味噌が使えると、

料理の幅は広がりますから、

使いすぎに注意して、

料理に取り入れてくださいね^^

 

カレー粉

100gあたり・・・26.4g

大さじ1杯・・・1.9g

 

これはダイちゃんが、

個人的にカレーが好きなんで、

ノミネートしました(笑)

 

100gあたりの糖質量は、

明らかにNGな量なんですけど、

大さじ1杯ぐらいの、

ちょっとした隠し味に使う量でしたら、

全然使ってOKなんです。

 

オススメな使い方は、

マヨネーズに加えたり、

バターに加えると美味

 

塩と合わせて、

カレー塩なんかもイイですね^^

 

カレー粉は、

味にちょっとした変化をくれるので、

使いすぎに注意して、

料理に活用しましょう!

 

OK調味料を使うときは組み合わせて使おう!

 

ここまで糖質制限で、

使ってもOKな調味料をまとめてみましたが、

ここで使い方のポイントを1つ。

 

それは「組み合わせて使うこと」です。

 

醤油だけでなく、

バターやマヨネーズを組み合わせたりすると、

味に飽きることも少なくなりますよ^^

 

上記しましたが、

カレー粉なんかも、

単体ではなく、

別の調味料と組み合わせると、

料理の幅が広がります。

 

ダイちゃんイチオシの組み合わせは、

 

醤油+マヨネーズ

醤油+バター

味噌+バター

塩+カレー粉

マヨネーズ+カレー粉

 

このあたりですね。

 

マヨネーズとバターがほとんど(笑)

 

これだけでも、

使えることを覚えておけば、

糖質制限食に飽きる可能性は潰せます。

 

ちょっとした工夫で、

味の幅が広がるので、

いろんな組み合わせを試してみてくださいね~。

 

まとめ

 

糖質制限で使える調味料は、

意外と多いですし、

組み合わせれば、

味の幅が広がります。

 

最近は、

糖質低めや糖質ゼロの調味料も、

多く販売されてますし、

そういったものを使うのもオススメ。

 

調味料の糖質量は、

神経質に意識することもないんですけど、

まったく関心が無いのも考えもの。

 

せっかく食材の糖質量を、

気にするんですから、

調味料の糖質量も見とかなきゃ、

もったいないですよ~。

 

調味料を買う時、

栄養成分表示を確認して、

どのくらい糖質量が入っているか、

しっかり確認するクセをつけましょう!

 

【ダイちゃん推奨】ダイエットおすすめ商品まとめ

 

ダイちゃんはダイエット商品を活用しても、

なかなか痩せなかった経験から、

厳しい視点でダイエット商品をレビューしています。

 

そんな中で「これはオススメできる!」というものを、

厳選してまとめてみました。

 

チェックしてみてくださいね。

 

無料相談受付中!!

 

ただいま無料相談受付中です。

⇒ダイちゃんに無料相談してみる

 

ダイエットってツラくて苦しいですよね。

 

ダイちゃんは数多くのダイエットを経験して、

最後に糖質制限ダイエットで結果を出すことができました。

 

実践していく中で蓄えたダイエットに関する知識やスキルが、

もしかしたらあなたのお役に立てるかもしれません。

 

あなたがダイエットに関すること、

健康に関することでお悩みであれば、

どんなお悩みでもかまいませんので、

お気軽にご相談くださいね。

 

健康ダイエットマニアのダイちゃんでした!!